オーガニックファーマーをめざしませんか。


有機農業が学べる日本オーガニックカレッジ
ただいま、研修生募集中です。

有機農業をイチから学べる農業研修です。
これまで研修生を受け入れてきた経験を活かし、
実践と講義で有機農業のすべてを学ぶことができます。

有機JAS

JAS有機農業のプロをめざせる。

米作と野菜、さらには養鶏まで。日本オーガニックカレッジの農業研修地は田邊真三理事長の圃場(ほじょう)。実際の有機農業に携わりながら、将来の独立のためのすべてを学ぶことができます。

ノウハウがつまった研修です。

季節に応じた作物づくりを行ない、必要な有機農業の深い知識と高い技術を習得できます。1年目は有機農業を全般的に学び、2年目は希望する生産物中心に携わることができます。

毎月10万円の研修費が支給されます。

第1期生は授業料が免除されるだけでなく、毎月10万円の研修費が支給されます。もちろん使い方は自由。休日にはアルバイトをしたい、という場合には町内の求人をご紹介します。

見学会や体験研修などを開催中!

実際の畑での作業などを間近で見られる見学会や体験研修を実施中。希望者には最寄駅からの送迎、町内のご案内、宿泊施設などのご紹介も。さらに農場で収穫した有機野菜を中心にした夕食会を計画中です。


日本オーガニックカレッジの将来ヴィジョン。
私たちは世界のニーズを満たすチームになります。

2020年の東京オリンピックをひかえた日本。じつは世界的に、アスリートたちはオーガニックを求める傾向があるということをご存知でしょうか。オリンピックの選手村では、全体全食材のうち20%はオーガニックであることが定められました(ロンドンオリンピックの場合)。東京オリンピックの場合、オーガニックの割合はさらに高まるでしょう。しかし、現在の日本の有機野菜生産能力では、東京オリンピック開催時、選手たちへ供給するオーガニック食材が決定的に不足しているという現実があります。

オーガニック食材へのニーズがますます高まっている日本。当カレッジでは、有機農業者ネットワークを構築し、ファームの具現化、6次産業化、オーガニックレストランの経営、オーガニック野菜や有機農業技術の輸出など多角的な構想計画を描いています。しかし、それを実現するためには有機農業者、オーガニックファーマーが増えなければなりません。

そこで私たちは日本オーガニックカレッジを通じて日本、そして世界のオーガニック市場を支えるオーガニックファーマーを増やし、オーガニックのチームをつくりたい、と考えているのです。日本をはじめ、世界を舞台に。有機農業への思いが高まったら、いつでも質問、見学、体験研修などへどうぞ。

質問はこちら
見学会はこちら
体験研修はこちら