日本初、いよいよ始動。
オーガニックの歴史を変えるプロジェクトに、あなたも。

日本オーガニックカレッジ 第一期 研修生募集


広島県、神石高原町・神石地区では、
神石地区ならではのオーガニックスタイルを創生し、
日本および世界へ発信しようという壮大なプロジェクトが動き出しています。
それが「有機の里づくり」事業。
有機野菜やオーガニックに関心を持つ人に、イチから有機農業のノウハウを指導する
「日本オーガニックカレッジ(Japan Organic Farmers’ College)」を開設。
現在、研修生を募集中です。

中心となる講師は神石高原町で長く有機農業を実践している
田邊真三、伊勢村文英。
そのほか、有機農業界の有識者を講師として迎える予定になっています。

有機農業とは、具体的にどのように行なうのでしょうか。

おいしい野菜はどのように作られるのでしょうか。

食品における安全や安心とは、どのようなことなのでしょうか。

日々の実践と講義のなかから有機農業を学びとっていただき、研修修了後には、ひとりでも農業をやっていける自信が持てるよう指導していきます。

研修中はいっしょに学ぶ仲間がいます。地域のコミュニティに参加することで、さまざまな人と知り合うことができます。
研修修了後にわからないことがあっても、カレッジの講師に気軽に尋ねることもできますし、Iターンしてすでに農業を始めている先輩に聞くこともできます。
有機農業をあなたの暮らしに加えてみませんか。


信じる力が、あなたを強くする。
本物のオーガニックが学べる3つの理由。

1.「日本オーガニックカレッジ」で有機野菜づくりのプロになる。

それは、有機農業のすべて、といってもいいかもしれません。書籍や伝聞だけでは、農業の実際はわかりません。土に触れ、野菜を観察し、農具をふるう。その一つひとつに、理由があります。なぜ、いまそれを行なうのか、なぜ、この段階でそれを使うのか。その一つ一つの作業の意味を実作業のなかで体感していくことで有機野菜づくりのプロになっていくのです。

2.有機野菜づくりのプロは理論家でもある。

いわく言い難し、黙ってみて覚えろ、などという前時代的な指導はしません。すべてがロジカルであり、理由があります。加えて、講座も設け、内外の有識者を講師に招き、先進の農業情報をインプットしていただきます。プロならば知っている土壌分析の方法、堆肥の品質管理方法、異常を察知する観察眼など経験と知識を身につけることができます。

3.消費者との接点もあなたの未来を作ってくれる

作った野菜はどこで売れるのか、どんな評価をしてくれるのか。通常、生産者は自分が作った野菜の消費者による評価を直接聞くことはほとんど不可能です。しかし、田邊ファームでは、消費者へ直接販売する「かたつむりの会」を確立しており、すでに二世代にもわたって信頼関係を築きあげています。修了後も、販売ルートが約束されますから、売り先に困るといったことはありません。


カリキュラム

基本コンセプト 講義 野菜 水稲 鶏(卵肉兼用)
5月~6月 基礎となる知識を習得する【野菜】収穫(収穫時の道具の使い方(包丁、ハサミなど))苗の定植の仕方【水稲】育苗管理(プール育苗)田植え(補助をしながら、圃場での植え方を) オリエンテーション有機農業について講師 ほうれん草・小松菜・サニーレタス うるち米・黒米・赤米  
7月~9月 習得した知識を実際の農場で【野菜】果菜類の剪定方法について【水稲】日々の水管理と除草(圃場内と畦・周辺)について追肥の投入(動力ミストによる散布) 有機JASについて講師 ほうれん草・小松菜・サニーレタス うるち米・黒米・赤米  
10月~12月 生産~出荷・販売へ【野菜】調整・袋詰め(見た目と効率、それぞれ考えて)圃場の状況を把握して、出荷量を調整する【水稲】コンバインをはじめ、機械の清掃・メンテナンス精米~出荷作業(精米機の使い方や袋の結び方など) 農業簿記について講師 ほうれん草・水菜・大根・カブ うるち米・黒米・赤米  
1月~3月 まとめと2年次の作付計画を【野菜】土づくり・堆肥づくり(ボカシ肥料など)播種について(播種機で圃場に,セルトレイに播種)【水稲】種もみの脱芒処理~塩水選(塩分濃度について)温湯消毒と浸種の仕方 土壌検査について講師 ほうれん草・水菜・ラディッシュ・グリーンリーフ うるち米・黒米・赤米  

募集要項

募集人員 第一期 有機農業研修生2名程度(年齢、性別、経験不問)
研修期間 2年間 (土日祝、および年末年始は休日)
研修活動時間 午前8時~午後17時(実働7時間30分)
応募資格 普通自動車運転免許(できればMT)を取得していること。
※運転免許は必須です。応募時にMT免許を保有していなくてもけっこうです。ただし、研修生採用が決定した場合は、すみやかにMT免許を取得してください。というのも、農事に使用するトラクターなどはほとんどがMT車のため、MT車免許がなければ運転することができないからです。
研修の概要 研修手当:100,000円/月
研修場所:広島県神石郡神石高原町古川
農具一式(鋤、鎌、草刈機)は各自で購入
研修内容 講師 JAS認定農家 田邊ファーム(田邊真三代表)での実践のほか、有機農業を実践する地元農業者による実地指導および県内外の有識者による講義。
実際に圃場にて有機栽培の技術指導を受け、講義による知識と理論の習得をめざします。
住居 町営住宅、賃貸などを斡旋します。
※転居にかかる費用、賃料、光熱費などは自己負担となります。
応募に関するお問い合わせ 〒729-3516 広島県神石郡神石高原町古川5389-1
Tel:0847-87-0090
担当:水元萌子
e-mail:japan.organic.moeko@gmail.com
応募から研修生採用までの流れ 応募書類送付→書類選考→一次合格者通知→面接→研修生決定
*応募書類選考から研修生決定まではおおよそ2週間を見込んでいますが、面接の時期などにより多少異なります。
なお提出書類は返却できませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

下記の(1)フォームに直接入力するか、(2)メールにてお問い合わせください。

(1)フォーム

(2)メール

メールはこちらから